忍者ブログ

白い世界

その白い世界の中で
笑い合い愛し合う 賢いひとびとがいた
引力はそこにあって
それが当たり前だからここにいるわけで と
見えないものも分かってしまう
賢いひとびとがいた

それが正しいのか分からずに
白に憧れる色付いた世界

色付いた世界も皮肉で好きだと言う
嘘吐きなひとびとがいた

ひとびとの旅したパラレルワールドは
いつか白へと還元して
あの白い時代へ戻りたいと
色付いたひとびとは願う

身勝手な回転を笑い合って
その日々を皮肉に愛し合って
それでひとびとは嘘吐きなのに
賢いように思って泣いた

くるくると回ってしまう脆い世界に
色を付けたいと思った白い世界のひとびと
全てひとつの道の上にあったものだとしたら
嘘吐きのひとびとは
とても満足していたと思うのに

きっと永遠に白い世界は
いつでも背後にしかない
PR