忍者ブログ

ふゆのよる

わたしがすきだったものはどこに行ったのかなと
ひっそりと息を吸って
そのまま眠りたくなって
それでも起きていました

純粋だったころ
わたしは何を見ていたのだろう
この窓は
もっときれいだったはずなのに

ひどくまぶしい朝焼けが
迎えてくれるころには
むかしのたからものは見つかっているのかな

期待しながらそれでもわたしは
絶望しているのでした

純粋だったころ
わたしがすきだったもの
ちいさなからだで
めいっぱい吸い込んでいたもの

このせかいは
わたしをすきでいてくれるのかな
ひっそりと息を吸って
そのまま眠りたくなりました

それでもわたしは
起きているのでした
PR